旅の案内人・リターンズ

「NPO江戸東京文化研究会」のスタッフ日記です。観光案内にないような話も…

2011年03月

川越城本丸御殿・修復完了

kawahon_1kawahon_2平成20年より行われていた「川越城本丸御殿の」平成の大修理が完成し3月26日より公開されました。3月中は無料で4月よりは入場料¥100(午前9時~入館4時30分まで・原則として月曜日と毎第4金曜日休み)です。パンフレットには『東日本唯一の本丸御殿遺構・埼玉県指定有形文化財・川越本丸遺構』となんともモノモノしいタイトルが付いています。元々この川越城は平地という地形もあって「天守閣」を持たない平城なので、本丸御殿と云っても武家屋敷というイメージなのですが‥。驚いたことには実に丁寧に修復されています。『耐震補強も含め、伝統的技術と現代の文化財保護技術によって未来に残る建物になるように実施しました』とありますが、これは納得できますねっ。(!)
全国各地に再建した建築物は数多くありますが‥ここは久々の★3ッです(!) 
すぐ隣にある「三芳野神社」は、童歌♪とおりゃんせ~♪の発祥の神社だそうですが流石に知りませんでした。
川越にはJR・西武線・東武線と3ッの駅がありますが、「蔵造りの街並」と「川越・喜多院」、「本丸御殿」はいずれも駅から離れており、この観光ポイント間も歩くと思いのほか距離があります。なので川越駅よりの”小江戸巡回バス・1日フリー乗車券が¥500”または”小江戸名所めぐりバス・1日乗り放題バス¥300”の利用が便利です。

谷中散策‥谷中ぎんざ商店街

yanaga_ginza1すっかり有名になりました‥「ゆうやけだんだん」。10数年前、この辺りに勤務先があったのでよくふらついたものです。今でこそTV番組の常連ですが当時はもっとノンビリとした商店街でしたね。右側に白と茶色のマンションはそう古くない建物です。傾斜地のため建物が建てにくくずっと空き地になっていました。ここは日当たりが良くのら猫達の溜り場となっていて、地域の人が餌をあげて‥。のら猫達にも安心できる場所だったのでしょう‥。
正面にマンション群があります。これが建つ前はこの方向に夕日が沈む「夕焼けの名所」でしたね。いまでも記憶に残る懐かしい時間です。‥近くに「富士見坂」という細い急な坂道があり、名称の通り真正面に「富士山」が見える坂道があるのですが、今はどうでしょう?‥
ここから約200m先「よみせ通り」に突き当たるまでが「谷中ぎんざ」です。訪れる度に商店街は小奇麗に変貌しているようですね。昔からのお店、最近来たお店、地元の買物客や観光客。この商店街はまだまだ『元気』です。
昔、よく通った中華屋に行って見ました。‥最近TV番組に登場したので、なんか気になっていたのですが‥オヤジさんは相変わらず客の注文を1人でもくもくと調理し、奥さんと息子さん(?)で頑張っています。何を食べても美味しいお店なのですが、敢て店名は書きません‥。のなかストアとお茶屋さんの路地を入ったところです。

隅田川‥蔵前橋

kuramaehashi墨田川にかかる蔵前橋は台東区蔵前1丁目と墨田区横網1丁目を結び、橋上を通る道路は「蔵前橋通り」です。現在の橋は関東大震災の復興計画により架橋され1927年に竣工し、橋長は173.2mあります。橋の完成以前は「富士見の渡し」という渡船場があったそうです。
「蔵前」という地名は、江戸時代に川沿いに江戸幕府が全国の直轄地(天領)から年貢米や買上米を保管した米蔵(浅草御蔵)があったことに由来するそうです。時代は下って1954年から1984年までは台東区側に両国に移転する前の蔵前国技館がありました。そんな歴史から蔵前橋の欄干には相撲の彫刻が残っています。
橋全体が「黄色」に塗装されているのは、防災上の都合でもなんでもなく「稲の籾殻を連想させる色」だそうです。
橋を渡り墨田区側すぐの横網町公園内には、関東大震災の惨禍を後世に伝えるために造られた東京都慰霊堂と復興記念館があります。この地が東京市(当時)で最も被害の大きかった「被服廠跡」になるそうです。
余談ですが、「蔵前駅」で地下鉄都営浅草線と大江戸線の乗り換えは地上を200m程歩かねばなりません。こんな構造の駅は都内では他にはないと思いますが‥。

向島・三囲(みめぐり)神社・三柱鳥居

mimeguri「街よ、よみがえれ!」‥大震災発生より1週間が過ぎました。日数が過ぎ”緊張感”が弛緩してくると 凄まじい「喪失感」が襲ってきます。被災者の皆さんにはなんとしても乗り越えて欲しいものです。
・・・・・・・・・・
江東区・向島の三囲(みめぐり)神社です。祭神は宇迦御魂之命(うがたまのみこと)となっています。となれば稲荷系の神様ですね。台東区側から桜橋を渡ってすぐなのですが、川側の入口は施錠してあるようです。写真が表側の入り口です。本殿裏には「三柱鳥居」というパズルか知恵の輪のような形状をした奇妙な鳥居があります。三越の三井家が江戸進出にあたり守護神として崇めたと云われ、以来三越御用達の神社となっているようです。前述の三柱鳥居も京都から移築したもののようです。そういえば銀座三越の屋上にも三囲神社の分社が祀られていました。写真左下にライオンの像は実際は本殿手前にあるのですが、1体しかないので「狛ライオン」の体はなしてはいません。このライオン像は閉店した池袋三越の店頭にあったもので三越より奉納されたそうです。それだけ繋がりがあるようです。

浅草・今戸神社

imatoimato_neko今週は全ての仕事が中止となり自宅でTV報道にかじりついている状態です。時間の経過とともに、日本人が嘗て経験した事のない大惨事の体をなしてきました。津波で家族を家を街を故郷を一瞬で失った被災者の方たちには心が痛みます。不躾なTVリポーターの質問に「おかげさまで無事でした」と極限の状況でも「おかげさまで」と感謝の言葉を云えるお年寄り達‥。人生の終盤で大切なものを失ってしまったのですからなんとも言葉が浮かびません。
・・・・・・・・・
台東区今戸1丁目。
浅草駅から徒歩15分位かかります。割と不便な所なのですが、最近は若い女性で賑わっています。ご祭神がイザナギ、イザナミの夫婦の神様を祀っている事から「縁結び」に縁があるとされ、婚活神社として注目されているそうです。何時の頃からそうなってしまったのでしょうか‥(?)珍しいのは、この神社の「絵馬」は丸い形をしています。「縁」と「円」の語呂合わせなのですが、願い事は圧倒的に「良い人に巡り会えますように」です。
世田谷の豪徳寺と別系統の「招き猫発祥の地」として知られていたのですが‥(伝承が違うので本家・元祖ではありません)豪徳寺で売られている猫は白猫1匹。今戸神社の猫(写真)は猫2匹がくっついています。いつのまにか鳥居脇に招き猫の看板ができていました。本殿に猫の置物がある神社もここくらいでしょう。

台東区・鳥越神社

torigoe東日本大震災により先週末から、各旅行会社は当面のツアー催行中止を表明しています。TDLも暫く休園するとの事。無理ない判断だと思います。石原氏の再出馬報道も飛んでしまいました。未曾有の大惨事です。
・・・・・・・・・・・・・・
台東区鳥越の「鳥越神社」です。
関東ではお馴染みの日本武尊がこの地に滞在したこと偲んで651年頃白鳥神社を祀ったのが始まりとされ、鎌倉時代に源義家が鳥越大明神と改めたと伝えられます。6月の例大祭(鳥越祭)に出る千貫神輿は都内では最大級になるそうです。かつては広大な社地を有していたそうですが、現在はこじんまりとしてしまい由緒・歴史のある神社の割には、”ここが有名な‥”といった感じを受けます。それでも本殿前の”狛犬”は実に立派な造りになっています。地下鉄蔵前駅下車で蔵前通りを御徒町方面に戻りますが、道路からは鳥居しか見えませんので注意してください。因みに入口の「鳥越神社」の石碑は「鳩山一郎氏」によるものだそうです。
この近辺は同じ台東区でも浅草などとは違ったやや静かな下町の雰囲気がありますね。

西新宿ブート街・マニアの路

200930_01
西新宿、小滝橋通りを大久保方面に進んだ通り沿いや少し入った「柏木公園」付近には世界的にも珍しい非合法CDやDVD(海賊盤、ブート・レグ、略してブート盤)の専門店が点在しています。今は全盛期に比べたら極少数の店舗数になってしまいましたが、それでもマニアには有名な地域です。多くがコンサート会場での隠し録りとか、関係者から流失した音源で製作されているのですが、カセット・テープのDATなどでの録音技術も進歩しCDRで簡単に製造できてしまうのですから大したものです。来日するロック系海外アーティストの日本公演はだいたいが発売されてしうようです。ごく普通の人が聴いたら”音のよくないCD”にしか聴こえないでしょうが‥そこはマニアの道・病気の世界です(笑) ビートルズなどは、いまや殆ど「考古学的検証」の世界になっています。写真はエリック・クラプトン日本公演のもので、1997年の日本公演・全13日間・CD26枚、2001年公演・全16日間・CD34枚、2003年公演・18日間・CD36枚、1990年のロンドン・CD8枚です。これを聴くにはかなりの気力・体力が必要です。コンサートツアーの全日程など聴かなくてもよいのに‥がごく普通の感想だと思います(笑)
・・・・・・・・・・
200930_03
外国人観光客風がリスト片手に店員に在庫を確認をしている姿もよく見られます。やはりここは世界に名高いブート(非合法音楽CD)街なのでしょう(苦笑)。笑ってしまうような新作CDがあったので30秒ほど考えて購入しました。写真では判りにくいですが、「エリック・クラプトン&スティビー・ウインウッド」の2010年のヨーロッパ公演、24枚組CDです。なんと価格が¥9800(!)でした。1枚あたり¥408程度です。装丁もちゃんとしていて、しかもCDRではないようです。以前だったら確実に¥20000以上ですね。購入側としては素直に喜ぶべきでしょう。ブートCDや中古CDは”見つけたら即購入”が鉄則ですが、瀬正規盤でも売れなきゃソク廃盤の時代、ましてブートのプレス枚数なんて知れています。
Pt↑)での上段は2009年の6月23・24日のアメリカ・テキサス公演です。
・・・・・・・・・・・
200930_04
Pt↑)は2011年5月ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールの5/17.18.20.21.23.24.26.27.29.30.6/1の11日間です。事情があったのでしょうがこのSetは当初Box状でしたが箱なしでのバーゲン価格となりました。このメンツでのツアーは年末の日本公演まで続くことになります。

台東区・佐竹商店街

satake_2佐竹商店街といっても台東区の方以外はあまりなじみが無いかも知れません。JR御徒町駅からは徒歩10分くらい。地下鉄大江戸線・つくばエクスプレスの「新御徒町駅」上が商店街入口となります。‥”フクロウ”のキャラクターが目印です‥商店街といっても全長が350m位しかありません。以前はかなり賑わった商店街と聞いていましたが行って見ると、ご多分にもれずシャッターを下ろしている店が見受けられます。それでもアーケードなどは著しく荒廃している様子がないのは、商店街組合や地元の皆さんがしっかりと機能しているのでしょう(?) アーケードの上から吊るされている垂れ幕には「佐竹商店街は日本で2番目に古い商店街です」・「金沢の片町商店街に続き明治31年に商店街組合を結成」と書かれています。”言っ放った者勝ち”とも思えますが、真偽はともかくそれだけ役員の方の気持ちが感じられます。
なんとなく昭和の匂いがする商店街です。そんな理由からか映画「20世紀少年」や「踊る大走査線」やCMの撮影地としても再々登場しています。

上野アメ横商店街

amwyoko東京を代表する商店街といえば「上野アメ横商店街」でしょう。"上野動物園にパンダがやって来た!"で、TV曲はしきりに煽っていますね。それにしてもレンタル料が年8千万、設備投資や経費を考えれば億を確実に超えますね。来園者が30万人増えればレンタル料は大丈夫という計算なんでしょうが(笑)。元々ここは上野恩賜公園が東京都建設局の管轄で、動物園が都立で管理運営は東京動物園協会へ委託と、何かややこしい構造になっているそうです。何年か前に区職員の友人に聞きましたが、アメ横商店街もいくつかの商店会があり店舗の権利関係も又貸しに次ぐ又貸しなどで権利者が判らないことが多かったらしいです。昨今のHPなどは「商店会連合会」となっているようです‥。アメ横は地元密着の商店街というよりすでに立派な「観光地」ですね。仕事で観光案内を依頼されても、ここからここまでの区分がないので、これほど困ってしまう観光地はそうはありません。パンダが来て、桜が咲いて、今年の春はアメ横には良い春になるといいですね。
‥それにしても、TVで放送されるアメ横特集はシナリオに沿ったお約束の映像やインタビューばかりです。”パンダが来たから景気が良くなると期待するアメ横商店主”。製作者の感性が疑われます‥

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ