420大手門から入り左へ進むと入園受付があります。ここで入園票を受け取ります。この入園票は大手門、平川門、北桔橋門から退出の際に返却しますので紛失しないよう注意してください。入園受付からすぐに「三の丸尚蔵館」という昭和天皇、皇室から国に寄贈された絵画、書、工芸品等が一般展示されたミニ博物館があります。展示品の入れ替えが頻繁にあり、時にはかなり貴重な品が展示されています。所要20分くらいですので是非ともご覧になって下さい。この通路左側は皇宮警察の施設で一般の立ち入りはできません。因みに皇宮警察のパトカーは濃紺の車両です。
正面が「大手下乗門跡」です。当時は大名家の格式により登城の際に籠を降りて検問を受ける場所が決まっていました。門の右には休憩所兼売店がありますが、さすがに”お饅頭”は売っていません。どこに所属しているのかは不明ですが、猫が3匹ほどいますよ‥が。
12/18に確認した話では、東御苑の猫達は1匹が死亡、もう1匹が行方不明になったようで、チョビちゃんと呼ばれる人なっこい猫だけが残っているそうです。