113写真は中之門跡です。この門の石垣は2005年~2007年にかけて大規模な解体修理が行われました。傷んだ石は交換され、全ての石は再度積み直されました。この工事により基礎の構造等いろいろな事が判りました。最大の石は35tもあったということです。交換された石の一部は石垣脇に展示されています。現物を見ると横幅の割には厚みが薄い事などが興味深いことが判ります。中之門跡を通過する時には足元に注目ください。敷石に丸く門柱を建てた跡が残っています。中之門跡を過ぎると右に番所があります。「大番所」と呼ばれる本丸に連なる道の格式の高い番所です。左に大きく曲がり坂道を登り再度右に曲がると「中雀門」と呼ばれる本丸最後の門跡があります。大手門から中雀門まで実に四つの門を通らねば本丸へはたどり着けず、厳重な警備であった事が伺えます。