170524_07
Pt↑)は参議院の中庭です。議事堂内の会議室や各会派の控室は、中庭を囲む様に「ロの字型」に配置されています。議事堂の完成は昭和11年ですから、当時は自動車よりも馬車で登院する例もあったようです‥。現在は防火用水的な使われ方をしていますが、池の中央に緑色の蓋は、ここから水の冷気を取り込み、池の地下の「氷室」で冷やし、その冷気を館内に送り込んでいた「ルーム・クーラー」設備の一部です。モチロン現在は使われていません。建物内は大理石造りなので、多少なりともの効果はあったのか疑問は残ります。集議院側にも同じ中庭、同じ池が設えてあります。議事堂の建物は一昨年5月から昨年の秋にかけて、議事堂の歴史では初めて外壁を”お掃除”しました。現在見られる外壁が”綺麗”なのはそんな理由です。ただし、中庭から見上げると石材の産地が異なるため外壁とタワー搭が興味深いコントラストとなっています。