gijido_9議事堂正面入口前に和式庭園の南地区と洋式庭園の北地区からなる国会前庭(こっかいぜんてい)があります。前庭北地区には日本の憲政の歴史を展示した「憲政記念館」や三権分立を象徴するとされる時計搭があります。この搭の時計面は、立法(国会)・司法(最高裁判所)・行政(霞ヶ関)に対しているとされています。この地は江戸時代初期には加藤清正、後に安政の大獄時の大老・井伊直弼の屋敷があった場所で、明治時代には陸軍省が置かれていました。全国の測量は軍事的な理由から当時の陸軍参謀本部陸地測量部が担当し、その名残りから公園内に「日本水準原点標庫」の石造りの建物‥実際の「日本水準原点」は、建物内部にあり見ることはできません‥が残っており、都内でも珍しくなった「大日本帝国」の文字が刻印されています。この場所に日本の高低測量の基準点があることは意外と知られていません。
写真上左‥憲政記念館  写真上右‥時計搭
写真下左‥日本水準原点票庫 写真上右‥加藤清正・井戸跡