komoro久々の番外編です。牛丼チェーンの価格競争が話題になっていましたが、”立ち食いそば”のチェーン店も独自の進化をしているようです。”立ち食いそば”と言えば以前は、時間のないオジサン達が会話もなくズルズルと食べてトットト去る、というイメージでしたが、昨今は小奇麗で、テーブル席もあり、ごく普通に食事ができる店舗が増えています。なかでも「小諸そば」は意外なほど(失礼)美味しいですよ。港区・中央区・千代田区で多く展開しているようで、池袋や新宿では見かけたことはありません。メニューは小丼とのセットなど豊富で、価格も抑えめです。そばの茹で置きはしないようで、運がよければ”茹でたて”を食することができます。最近よく食べるのは”2枚もり/¥290”です。これに大盛券¥30を足せば量的にも充分満足できます。大盛券は2枚までOKなので、「2枚もりの大盛の大盛」までOK!これでも¥350です。刻みねぎ入れ放題、オリジナルの柚子唐辛子で、更に旨さUPです(笑) 他には青い看板が目を引く”ゆで太郎”や以前からある”富士そば”などが、立ち食いそば店の三大巨頭ですね。