higashi_1higashi_2この広大な芝生が本丸御殿の跡です。左の写真の立ち位置あたりから松の木にかけてに将軍執務室や私的居住区画があり、松の木から天守台跡にかけて「大奥」があったそうです。今では想像すら出来ません‥。
官軍が江戸城に入城した時には、一面の焼け野原だったそうです。明治政府は旧西の丸の場所に皇居を置き、本丸跡には気象観測施設や時報を知らせる大砲台などを設置しました。正午になると大砲を発射して時報を知らせていました。ドンが鳴ったから帰るの‥”半ドン”の語源となったとの話です。
ここ皇居東御苑内にはいくつかの江戸時代からの建造物が残っています。これらは文化財等の指定を受けていません。東御苑は宮内庁の管轄で、皇室の財産や宮内庁管轄の美術品や建造物は、「御物」と称して文化財保護法の管理外になっているのがその理由だそうです。