sugamo平日なのでもっと閑散としていると思ったのですが‥。流石に「おばあちゃんの原宿」ですね。さすがに年配者の多いこと!
JR巣鴨駅を出て白山通りを反対側に渡り、歩道橋のある所から左方面へ伸びる道があります。ここから庚申塚辺りまでが「巣鴨地蔵通り商店街」です。最初に江戸六地蔵尊・眞性寺に立ち寄りました。江戸六地蔵尊は江戸の六街道の出入口に置かれ、旅人の安全を守ってくれたと云われています。因みに巣鴨は中仙道の出入口にあたります。境内には大仏と見間違える大きな地蔵尊がありますが、お線香の煙がまるで火事でも発生しているかの様相です。
地蔵通り商店街を進んでいきます。飲食店や衣料品店が並び結構賑やかな商店街ですが、やはり衣料品店は若干「地味目かなぁ」と思いますね(笑) 土地柄バリアフリー風の飲食店が多いようです。 常設なのでしょうか(?)滋賀県と北海道の物産店がありました。 琵琶湖の”ふな寿司”が売られているのには驚きです。
商店街の中ほどに「とげぬき地蔵・高岩寺」があります。こちらもお線香の煙でモクモク状態です。境内には、さすが「巣鴨」と思わせる土産品(?)が売られてますが、耳掻き‥¥980がはたして高いのか、安いのか‥? ここから巣鴨駅に戻っても良いのですが、商店街を抜けて「巣鴨庚申塚」まで行きました。有名な割にはこじんまりとしています。現在は庚申堂に猿田彦大神を合祀しているので、小さめですが「狛猿」になっています。
ここから都電荒川線の「庚申塚駅」はすぐです。都電は前払い・均一料金¥160。JRに乗換えであれば大塚駅もしくは王子駅なのですが、今回は王子駅まで乗車、所要時間は約9分でした。