canonブログを始めた関係で久しぶりにコンパクト・デジカメを購入しました。
CASIOのEX-H15と云う機種で、この機種はコンパクト・デジカメの弱点でもある電池の寿命がやたら長いので持ち歩きには便利です。コンパクトタイプにしてはやや大振りで、重さもあり、画素数も充分なのでWeb用でしたら満足できる性能なのですが‥やはり恐れていた通りデジカメ一眼が欲しくなってきました(笑)
昔々フイルム一眼に嵌った時代があり、今でも障りもしなくなった一眼レフが数台あります。”これを下取りに”と考えて中古カメラ屋を数件廻りましたが‥。驚いたというか、やはりというか、どのお店でも「査定不能」の回答ばかりです。中には”引取り料金を払ってくれれば”なんてのもあって‥。ライカ、ハッセルならまだしもキャノンやニコンの往年の人気機種は、中古市場に溢れかえっているそうです。思い入れのあるカメラ達を粗大ゴミ出すのは忍びないですが、今時旧式カメラを購入する人もいませんし考えてしまいます。レザーディスク、レコードについで、若い頃にお金を注ぎ込んだ趣味がこうなってしまうとは‥あぁ”涙”です。