imageaaa待ちぃ合わせてぇ歩く銀座ぁ~♪は1966年に俳優の和泉雅子・山内賢が歌った曲で、元々はザ・ベンチャーズ作曲の2分にも満たない「GINZA LIGHTS」に永 六輔が無理やり日本語歌詞を付けた曲です。同名タイトルのお気楽映画まで製作されていますから、それなりのヒット曲なのでしょう。因みに和泉雅子は銀座・泰明小学校の卒業だそうです。
憧れのデート・スポットだった銀座も今や外国人観光客のショッピング・スポットと化しています。観光バスでド~ット来て1-2時間のショッピングタイムなのでしょうが、平日、週末を問わず大変な賑わいです。あの4丁目の老舗百貨店ですら中国語の店内放送をしているのですから‥。
確かにヴィトン、シャネルから始まってユニクロまであるのですから、世界の名立たるブランド品がここで買えるのは魅力的でしょう。しかもコピー商品でない”本物”が‥(笑) 恐らくですが、中国語・韓国語の通常会話のトーンは、日本人が怒った時の会話のトーンと同じ音域なのでしょうね。彼らの会話が”喧嘩”をしているように聞えるのは そのせいだと思います。それにしても元気溢れる人達です(!)
※写真はカシオの”イメージング・スクェア”で加工しています。画像が絵画的に変換できたりの効果が使用できます。Webから簡単に登録できますよ。