kawakura_1kawakura_22009年のNHK朝の連続テレビ小説「つばさ」‥何でも歴代ワースト2の視聴率だったそうです‥に登場していたのがこの辺りですねっ。写真でも判るように電柱がありませんので妙にスッキリしています。この「一番街」に立ち並ぶ土蔵造りのお店は、火事での類焼を防ぐための耐火建築として江戸時代に発達したものと云われています。平成11年に国の重要伝統的建造物群保存地区(例によって長い名称です)に選定され、平成19年には「美しい日本の歴史的風土100選」に選定されています。また川越の紹介には必ず登場する「時の鐘」は約400年前から時を知らせてきた川越のシンボルです。こちらも平成8年当時の環境庁主催の「残したい日本の音風景100選」に選ばれています。
池袋から東武東上線で急行で30分、大宮からJR川越線で20分と交通の便も良いので、週末のブラリ散歩にはお勧めです。前項でも触れましたが蔵造りの町地区も川越駅から歩くにはちょっと遠いので、片道はバスを利用、片道は歩くのが良いでしょう。川越駅から続く商店街(クレアモール)や大正浪漫夢通りなどには、興味を引くお店も結構ありますよっ。