tukiji4月30日、築地場外市場では東日本大震災で被害にあわれた方々への支援を目的として波除通りの特設会場で開催されていました。
=がんばろう日本!『元気を出そう!築地から』~やろう!築地から伝えられることはたくさんあるはず‥~=のコピーで、この日1日の時間限定イベントでしたが、久々に築地場外市場は賑わっていました。以前の土曜日の賑わいに比べたら‥、外国人観光客の姿などほとんど見かけられません。午前の時間帯のせいもあり観光バスも多い台数は来ていない様子でした。それでも場内市場の寿司屋・両巨頭は100名位の行列(!)なんとなく安心しました。
中卸のオヤジの話では大震災以降はとにかく”魚”が売れないそうです。話題の「コウナゴ」にしても‥当然福島産は入荷していないのですが‥広島産であっても「コウナゴ」の名前だけで敬遠されてしまうようです。昔に比べると情報量は格段に増えているのでしょうが、情報を理解し判断する能力は変わっていないようですね。『ヤバイ物は築地では売らないよっ!』‥仰る通りだと思います。
噂話ですが、大手スーパーでは被災地近辺の生産者からタダみたいな値段で仕入れて”復興支援”の名目で販売しているなんて話もあるようです‥。実際にあっても不思議のない”お話”ですが‥。