mikasa_7mikasa_8 時代をへて船(戦艦)としての役割は終っていますが、明治35年のイギリス生まれ、旧日本海軍・連合艦隊の旗艦として日本海海戦で大活躍した栄光の戦艦には違いありません。1992年には『世界船舶基金財団の海自遺産賞』なるもの(知りませんが‥)まで受賞していいるようです。5月27日(金)には記念艦「三笠」復元50周年記念式典が行われます。行かれた事のない方は是非この機会に‥。
「狭い」だの「小さい」だのと書いてきましたが、旧式の戦艦であっても実際にデッキに立ってみると、その姿はとても美しいと思います。まさに”戦うための機能美”そのものです。
石川県加賀市の「日本元気劇場」なるところでは、原寸大の戦艦三笠を再現しているそうです。TVドラマの「坂の上の雲」の撮影に使用される三笠はそちらです。
・・・・・・・・・
右の写真:JR横須賀駅前の海上自衛隊基地に数隻が停泊していました。
左: 3508=練習艦「かしま」 4050t 143m  中: 3516=練習艦「あさぎり」 3500t 137m
右: 124 =護衛艦「みねゆき」 2950t 130m  因みに「三笠」は 15140t 131mです
何時の頃からか旧海軍と同様に「愛称」が付いて、さらに艦の識別№があるので判りやすくなっています。
‥護衛艦「ひゅうが」・「いせ」や輸送艦「おおすみ」・「しもきた」はどう見ても”航空母艦”にしか見えませんね‥