maosuku_1mosuku_2生憎の雨模様のなか、隠れた人気の『東京三大宗教寺院巡りツアー』に同行して来ました。最初に訪れるのは築地本願寺(正式名称は浄土真宗本願寺派本願寺築地別院)です。古代インド洋式の伽藍は築地の街の代表的な建物ですね。。次に訪れたのがお茶の水・ニコライ堂(正式名称は東京復活大聖堂)です。ビザンティン様式の教会建築としては日本最大級です。「ロシア正教会の大聖堂」と呼ぶのは誤りで、”イエス・キリストの復活を記憶する日本正教会の大聖堂”だそうです。聖堂内の一部までは見学は可能となっています(拝観維持費、志納金¥300)。
このツアーのハイライトが東京ジャーミイ(東京ジャーミイ・トルコ文化センター)、オスマントルコ様式で建設されたイスラム教のモスクです。代々木上原駅を下車するとすぐにモスクのタワーが見えてきます。礼拝時間以外は自由に見学することができます。建物2階に一度に600名程度の礼拝ができる礼拝堂があります。イスラムの世界では偶像崇拝は禁止ですから仏像的なものはありませんが、見事としか言いようのない”色彩の世界”があります。光量不足で表現できないのですが、天井のドームやステンドグラスや壁のタイルの色彩、アラビア文字でさえデザインに見え、”美しい”としか表現のしようがありません。東洋的でも、ヨーロッパ的でもなく、まして日本では絶対のあり得ない色彩感覚です。雨降りではなく、よく晴れた日に是非訪れてみてください(!)
‥入信を勧誘されることは絶対にありませんので心配(?)はいりません‥