bannaiこのブログで特定店舗の話は稀なことなのですが‥。
最近は新橋周辺に出かけることが多くなり久しぶりに食べに行きました。店は昨今話題の東電本社隣のJRのガード下です。麺がどうたら、スープがこうたらは他の方に譲りますが、この『喜多方ラーメン坂内』は30年位前からここにあります。当時は「どさん子or娘」や「つけめん大王」のチェーン店が多く、そこに”喜多方ラーメン”は斬新でしたねぇ。
なんでもラーメン店は年間500軒前後が開店、同数が倒産しているとのことです。開店には修行に5年、3年間は赤字に堪える資金力が必要でしょうから、安易な”脱サラ経営”では続かないということです。昨今はTV放映で人気が出て数年で閑古鳥のパターンも多い様ですし‥。
そういえば、有楽町駅前のビルのB1にある『ラーメン中本』‥蒙古タンメンにあらず‥は開店50年位になると記憶しています。両店とも”ラーメン評論家やラーメン好きの方々”の評価は低いようです。有楽町や新橋のビジネス街で生き残れるのは、それだけ”旨いラーメン”なのでしょう。「漁貝系濃厚」・「秘伝のタレ」・「こだわりの麺」などややこしい事が云われていますが、ラーメンは”旨いか”と”不味いか”の2種類のしかないと思うのですが‥。
それにしても”ラーメン評論家の方々”毎日の多量カン水の摂取で内臓は大丈夫なんでしょうかねぇ(?)