skytree梅雨時の写真は絵になりません(苦笑)
「東京スカイツリー」‥ここまで来ると”見るたびに高くなっている”というワクワク感が乏しくなります。ほぼ完成形の「スカイツリー」って思いの外『華』がないんですねぇ。不思議です(!)。単にデカイだけの建造の様な気がしてなりません。
発表になった入場料も賛否両論です(賛はほとんどありませんが‥)。第2展望台までが¥3000‥4人家族で交通費、入場料、食事、諸々で日帰り2万円超コースですね。挙句に当初の90日は”予約料”が¥500プラス‥。本来の電波搭の収入だけでも莫大な金額なのでしょうし、日本国民が”それでも一生に一回行く”とすれば減価償却程度の来場者は保障されるのでしょうからこの入場料は”ボリ”に等しいです。
現在は足元の商業ビルを建設中です。個人的な予想ですが‥。出店保証金や人件費経費などランニングコストが低くみて年間6~8千万円(?)位でしょうか‥。店舗の入れ替わりが多いでしょうね。
旅行会社としても原価で¥3000増え、所要時間が2時間超ともなれば商品企画としては「自由行動中の自由観光」にならざるを得ないでしょう。
最近は地元(特に浅草通り)では観光バスの駐停車が”目の敵”の様な扱いで、係員まで配置して徹底して排除しています。【観光客は増えたが→思いのほか地元が潤わない→排除してしまえ】なのでしょうか?確かに交通渋滞の要因ともなる観光バスの駐停車は迷惑ですよねぇ(苦笑)