20110706_01
京王線「府中駅」を出てケヤキ参道を大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)へ向かいます。約500mにおよぶケヤキ参道は「馬場大門のケヤキ並木」といい、1062年に源頼義・義家親子が寄進したとされ、大正13年に日本で2番目の天然記念物に指定されているそうです。旧甲州街道に面して大鳥居があり神社参道が始まります。今の季節は樹齢を重ねたケヤキの緑が深く実にとても良い感じです。大國魂神社はこの地に鎮座して1900年となるそうで、景行天皇41年(111年)と云われてもピンときません。とんでもなく古い神社ということです。武蔵國の著名な神社六社を合祀しており本殿の西殿・中殿・東殿に各々祀られています。
20110706_02
鎌倉幕府、北条氏、足利氏、徳川幕府と崇敬され、明治維新以降は準勅祭社。さらの官幣小社とし続き、格式の高い『東京五社』となっています。『東京五社』というのがチョット判りにくいです。「大國魂神社」・「東京大神宮」・「靖國神社」・「明治神宮」・「赤坂日枝神社」で『東京五社』なのですが、「赤坂日枝神社」は『東京十社』にも名を連ねていますし‥。