kagura1kagura2久しぶりなので不安でしたが営業していました。”デカ盛の美学”・『神楽坂飯店』はJR飯田橋駅から神楽坂に向かう外堀通りに面してあります。メニューのショウ・ウィンドウを見ると笑ってしまいます。「餃子が百個」・「一升チャーハン」・「枕のような巨大餃子」‥。「ジャンボ・ラーメン/3玉」がまともに見えてきます。いわゆる”チャレンジ・メニュー”なのですがTVの大食い番組の常連なのでご覧になった方も多いと思います。巨大餃子のみが要予約で他は当日オーダーでOKだそうです。‥。成り上がりのイタリアンや古民家改装の店での和食なんてのは昨日今日の話‥。筋金入りの”デカ盛の美学”をつらぬく姿勢は嬉しい限りです! ‥老舗の四川料理店”神楽坂・五十番”もお忘れなく‥
・・・・・・・・・・
早稲田通り、神楽坂を登ります。驚くのは歩道も商店街も小奇麗になっています。昔、上司に連れて来られた飲み屋など何処だったのか思い出させないくらいに街は変貌していました。神楽坂特有の狭い路地や坂道も整備され今風の飲食店が点在しています。それでいて花街の名残もなんとなく感じられて‥。それが神楽坂の人気の秘密なのでしょう。写真右は「神楽坂毘沙門天・善國寺」です。1793年に麹町から移されてから開運厄除けとして親しまれているお寺です。江戸時代は武家屋敷街として明治・大正期は多くの文人達で賑わい「山の手銀座」とも呼ばれたこの街の時の流れを見ていたことでしょう。