jr_1
現在のJR新橋駅から徒歩5分程の場所に再建された「旧新橋停車場」があります。この建物は1872年(明治5年)に開業した日本最初の鉄道ターミナルを当時と同じ場所に”できるだけ忠実に”再現したものだそうです。
とは云うものの‥。鉄道歴史展示室とされているのは建物の左半分で中央はレストランとなっています。写真階段部分のガラス張り部分からは、遺構としての旧停車場階段が覗けます。現在の建物は旧建物の約1mほど埋立てた上に建てられたと云う事になります。
jr2
新橋-日本最初の鉄道を建設するため両始発駅から測量が開始された時に、新橋側の基点となった『0哩標識』が再現され、当時のプラット・ホームもそれらしく再現されています。
二昔ほど前、この辺りは国鉄汐留貨物駅敷地の端っこで、ゴミ捨て場のような状態で放置されていました。新橋汐留地区の再開発の結果とは言え、変われば変わるものです(苦笑)