ichou
日比谷公園内、レストラン松本楼の隣に”首賭け銀杏”なる大イチョウがあります(撮影日にはまだ紅葉は始まっていません)。明治34年の造園に際して、公園設計者が他の地にあったイチョウの大木を『自分の首に賭けても移植を成功させてみせる!』と大見得をきって移植に成功させた事から”首賭け銀杏”と呼ばれるそうです。
しかしまぁ、名称の伝承・言われは様々とありますが、これほど”間抜けないわれ”も珍しいでしょう。なんのことはない”そのまんま”です。大見得をきった当人は良しとしても、その後に”首賭け銀杏”なんて言い出した輩ってどんな方なのでしょうね?。お隣の某レストランの宣伝の匂いもして来ます‥。
昨今はどこでどうなったのか”パワー・スポット”なんて云われているようです。写真最前列の女性2名がパワーを浴びている最中で、後方はその光景を”何事っ!”と好奇の目で見る方々です。さらにそれらを見ながら撮影しております(苦笑)

neko
大間抜けな”首賭けイチョウ”はさておいて‥近くの薔薇の見事な洋風庭園内にはねこ達が数匹暮らしています。9匹までは確認したのですが、これで”全員集合”なのかは不明です‥。初対面のねこの撮影は難しいですね。何分待ってもカメラ目線にはなってくれません(!)