kabato_1
誰にでも年月が過ぎても忘れられない景色や景観があるものです。
‥この地を最初に訪れたのは遥か昔の事です。”いつかもう一度‥”と思いながら30数年の月日が過ぎてしまいようやく再訪することができました。この場所に立ってみると、やはりあの日と同様に”感無量”でした‥。
これは北海道月形町の篠津山囚人墓地の写真です。明治14年、明治政府はこの地に凶悪犯・政治犯を収容するため樺戸監獄を設置し、囚人たちを過酷な道路建設に従事させていました。この囚人墓地には集治監の39年の歴史で獄死し、犯罪者であるが為に親族にも見捨てられた1022名の無縁仏の霊が眠っています。