oiwa_1
新宿区左門町(丸の内線四谷四丁目下車、四谷警察の裏目安)に於岩稲荷田宮神社があります。
”於岩さん”とくれば知らない人は無いくらいの有名人(!)四谷怪談のヒロインです。しかしながらこの”四谷怪談(東海道四谷怪談)”は、ご本人の於岩さんの没後200年ほど経て、歌舞伎作者の『鶴屋南北』により創作された歌舞伎でのお話です。タイトルの「東海道四谷怪談」の”東海道”は四谷の於岩稲荷とは関係ないことを表したつもりなのだそうですが、例によってグチャグチャになってしまいました。‥司馬遼の”竜馬がいく”もこれに近いですが‥
左上:於岩稲荷田宮神社の入口です。石柱は役者の寄贈によるものが多くあります。
右上:手前の幟が”於岩稲荷田宮神社”で奥の幟が”於岩稲荷陽運寺”です。ほんの数メートルの距離に2社の於岩稲荷がありますが、”本家”と”元祖”の様な関係ではありません。これはこれで謂れがあります。
下段:於岩稲荷田宮神社の”きつね”です。右が”鍵”、左が”玉”です。