160107_06
こちらが”TOKYO HIGHWAY 66”が登場するまでは最良とされていた”DEFINITIVE COLLECTION”というタイトルに2枚組です。ジャケ写は”ラバー・ソウル”をモチーフとした東京公演プログラムを下敷きにしています。左側の水彩画は4人がホテルで缶詰状態の退屈しのぎに書いたと言われる絵なのですが、もうマニア位しか知らないでしょう。〔Disc1〕は、パトカーのサイレンの音~♪Mr MoonLight♪~で始まります。これだけでワクワクする人もいるでしょうが、一転してヒルトンホテルでのプレス・インタビューが収録されています。つまらない質問が続き、証人尋問のようです。意外なほど真面目に答えている彼らが微笑ましい限りです。そして06/30の前座バンド演奏と続きます。ブルー・コメッツ、ドリフターズ、望月浩、尾藤イサオ、内田裕也などです。某大物歌手のカタカナ英語は若い頃からで日本語訛りの”ロッケンロール”です(苦笑)。望月浩は当時のアイドル歌手(?)ですが曲は演歌そのもの‥。当時の”ワタナベ・プロダクション”によるゴリ押し出演でしょう!。完全に場違いです(笑)
160107_07
〔Disc2〕は06/30と07/01日のコンサート模様です。これ以前のブートCDに比べて音は聴きやすくいじってあります。元ネタが放送用なので音はそこそこですが演奏に勢いが全く感じられません。‥当時の音源管理はかなり緩かったようで、資料棚の何処かにテレビ局からもらった06/30のリール・テープがあったはずなのですが‥。裏ジャケの写真は服装からして07/01と思われます。この写真好きですねぇ(笑)。その他、珍しい写真が多い8頁のミニ写真集が付いています。武道館のアリーナ席に観客を入れてない様子やポールのアンプの後ろに予備として”リッケン4001・ベース”が映っている写真があります。66年のコンサートで”リッケン・ベース”がサブとはいえ準備してあったとは(!) 使用して欲しかったような気がしますが‥(笑)