feb203港区西新橋の1丁目『小寶稲荷神社』はJR新橋駅から外堀通りを虎ノ門方向へ、外堀通りから少し入った場所に鎮座しています。最近この近辺への出没回数が増え、偶然に通りかかりました。先の「初午の日」には地元の方々が甘酒を振舞っていて、「烏森神社(こちらも稲荷社)の宮司さんに来てもらってお払いをしたんですよ‥」なんて話も聞かされました。地元の鎮守様といったような稲荷さんのようです。社内額には「昭和5年5月豊日」の記載もあり、それなりの歴史を重ねているようです。きつね像が歩道にはみ出しています。両者とも鼻面に損傷があり補修手当てがされています。交通事故にでも遭遇したのでしょうか?

feb202『小寶稲荷』から100㍍位離れて『豊繁稲荷神社』があります。この近辺は旧町名を「田村町」と称し、江戸時代は大名屋敷が立ち並ぶ地でした。小寶、豊繁の両稲荷社はどちらかの大名屋敷のお庭に祀られていたのでしょう。
豊繁稲荷は鎮座場所は企業の敷地なのでしょうか、小公園という感じで付近のサラリーマン諸氏の喫煙所なっています。(エライ!)