shimo_01JR駒込駅から徒歩5分ほどで『霜降銀座商店街』の入口です。出かけた日が悪かったのでしょうか、多くの商店が休みのようでしたが、いわゆるシャッター通り商店街とは違うようです。商店街を進んで行くといつのまにか『染井銀座商店街』に変わってしまいます。この”染井”の地名は”桜=染井吉野”の発祥地とされ駒込駅前には記念公園があります。霜降商店街は旧古河庭園へ向かう本郷通りから縦方向に入るので意外と見落としがちになるようです。派手さこそありませんが昔ながらの買い物商店街といった様子です。この猫の感じから空気感が漂ってくるかと思います(苦笑)そういえば本郷通り沿いのラーメンの老舗”えぞ菊”はいつの間にか閉店していました。

shimo_02霜降銀座・染井銀座や駒込駅、旧古河庭園から飛鳥山までを範囲として5/11~5/27まで『名探偵★浅見光彦の住む町・ミステリーウォーク』なるイベントが行われます。”浅見光彦”を知らない方にはなんのことだか判らないでしょうが、『内田康夫』執筆の小説に登場する本業はルポラーターなれど何故か名探偵の主人公が活躍するお気楽小説で、TVドラマ化もされているそうです。その主人公が暮らす街の設定ですが、”街おこし”もここまで来るとなんでもありの云ったモン勝ちの世界ですね。個人的には架空の”主人公が暮らす街”に便乗したでっち上げ的イベントは胡散臭さとお金の臭いがして好きにはなれません。