mi-ke
昨今は女の子のアイドルグループが次から次へと登場してきますが、複雑なコーラスや編曲で聞かせるでもなくユニゾンでとお決まりのコード進行(C-G-Am-Em-F-C-F-G7)が多いようです。まぁそれも良いのですけど(苦笑)…。
さて『MI-KE』です。先日19年振りに復活したBBクイーンズでTV出演していました。近藤房之助や坪倉唯子と一緒に宇徳敬子の姿が…相変わらずの美人さんです(!)。その宇徳敬子が在籍したのが『MI-KE』です。元々はBBクイーンズのコーラス隊として結成され、1991年~93年の僅かな活動期間に7枚(!)のオリジナルCDを出しています。実質2年の活動期間でCD7枚はすごいです。CDごとに企画テーマに沿ったカバー曲やオマージュ曲が収録され、凝ったアレンジや歌詞で楽曲が次ぎ次と登場、名うてのプロデューサーや音楽家達が楽しんで遊んでいる様子が伝わってきます。それらをシッカリと歌いこなすボーカル…。彼女なしにはこのプロジェクトは演れなかったでしょう。表向きは普通のアイドルグループですが、実はとてもユニークな企画グループでした。
メイン&コーラスはほとんどが徳敬子一人で歌っています。独特な”軽さ”は彼女だけのものかも知れませんが、作品ごとに様々な曲を歌いこなすのは実力はたいしたモンです。他の二人はビジュアル対応&コーラス隊なのでしょうか、歌声すらよく判りません…。彼女達はもう40歳を超えているはずなので再結成は無理でしょうが、こういった音楽ができるグループが登場して欲しいものです。