09yanagi02
柳ジョージが糖尿病悪化による腎不全で亡くなって(2010.10.10没、63歳)から1年になります。その容貌から”和製クラプトン”などと云われていましたが、黒のストラトキャスターとしゃがれた声のブルース、和製クラプトンはいかにも短絡的でした。昔から”和製なんたら”と呼称を付けるのが好きですが、ピッタリだった例は少ないようです。柳ジョージのCDはどれ一つとして”今風”の音はありません。コンピューター楽曲に慣れた耳にはかなりダサく聞こえるでしょう。こういう楽曲を演奏する人が少なくなってきたのも時代の流れなのでしょうが…。
右のカセットは柳ジョージ&レイニー・ウッドの解散コンサートのライブです。発売当時はLPより1曲多かったのでカセットを購入しましたが、今では再生の機器すらありません。左は同コンサートの紙ジャケCDです。廃盤のようでヤフオクでは結構な価格になっていました。中央の三日月ジャケは昨年12月発売の、結果として追悼盤となった81年解散コンサートの全曲盤です。発売になっていたことは知りませんでした。収録時間に余裕があるため曲順や構成が異り、メンバーの”愚痴”まで完全収録です。ここまで来ると別モンに聞こえます。
下の写真は、中が”GOOD TIMES COMPLETE”というタイトルの2枚組CDでR&Bのカバー曲集で、柳ジョージらしい作品です。左は95年のライブCD、良いできです。右は本人が選曲した99年の30周年ベスト盤です。
09yanagi03