110101110102小樽・旧日本郵船小樽支店は明治39年10月に落成の石造2階建建築です。昭和30年小樽市が日本郵船から譲り受け、31年から小樽市博物館として再利用されていました。昭和44年3月には明治後期の代表的石造建築として国の重要文化財に指定されています。設計は佐立七次郎、地元の大工棟梁山口岩吉が施工あたり、工費は当時の金額で約6万円(!)となっています。当時小樽は北海道開拓の拠点として船舶・海運・倉庫業界が繁栄しつつある時代です。各社は当時の最先端の設計と技術で建造物を残しました。これらの石造り建物はその草創期の象徴的存在です。1階は営業室(写真上右)で、細部仕様まで復元された照明器具の高さ、机・椅子類の配置が執務状況を実感させられます。特に役職社員机と平社員机の造作の微妙な差異(文字表現不可です)は驚きです。2階の貴賓室(写真下左)は寄木造りの床、空色漆喰の天井、菊紋内摺セードシャンデリア、菊模様の金唐革紙の壁、絨鍛、鏡付大理石暖炉等で彩られ、色彩的にも往時の雰囲気が再現されています。隣り会議室(写真下中)は約198㎡の広さがあり、床の絨鍛、大会議机と36脚の椅子が古き明治をを感じさせます。旧日本郵船は人気の小樽運河やガラス工房地区とは離れています。手宮の鉄道公園方面なので観光するには効率的ではありません。食堂や土産屋になってしまった運河地区などより”小樽”らしい雰囲気なのですが…。

写真下右は札幌・中島公園の紅葉の雰囲気です。先週の写真ですが里の紅葉は遅いようです。
110103110104110105