以前にも書きましたが、このような”品格のないお参り”は好ましいとは思いません。徳川家ご霊廟はあくまでも徳川宗家のものであって、徳川家に縁もゆかりもない人達が”興味本位”で出かけるのはどうかと思います。秘仏の特別ご開帳とは訳が違います…。

012901012902例年”上野の山文化ゾーンフェスティバル」”して秋の数日間だけ公開されていた上野野寛永寺・徳川家霊廟参拝が”事前申込制”により特別参拝”として行なれています。今回は徳川宗家による東日本大震災復興支援として理解をいただいているようです。こちらの上野・寛永寺の霊廟には1)厳有院・4代家綱公(いえつな)・死因不明・40歳没 2)常憲院・5代綱吉公(つなよし)・はしかによる窒息死・64歳没 3)有徳院・8代吉宗公(よしむね)・脳卒中・68歳没 4)10代家治公(いえはる)・脚気による・50歳没 5)11代家斉公(いえなり)・急性腹症・69歳没 6)温恭院殿・ 13代家定公(いえさだ)・脚気・35歳没…(13代御正室・天璋院殿・明治16年・49歳没・脳溢血)…6人の徳川将軍が眠っています。根本中堂で寛永寺のお話を聞いた後、徳川霊廟の内・5代綱吉公・8代吉宗公・13代家定公と正室・天璋院殿のお墓に参拝していきます。霊廟は外部からはうかがい知れませんが、ちょうどJR鶯谷駅のホームの上方にあたります。施錠された霊廟は荘厳な趣ですが、上野のお山名物・カラスのフンが目立ちます。

012903012904こちらは芝・増上寺の徳川家霊廟です。TVドラマ”江”の放映中は半年間公開されましたが、今年は以前のように4月上旬の限定公開のようです。増上寺霊廟には1)2代将軍秀忠公夫妻・胃がん 2)6代家宣公・インフルエンザ・25歳没 3)7代家継公・急性肺炎・8歳没  4)9代家重公・排尿障害・尿毒症・51歳没 5)12代家慶公・不明・61歳没 6)14代家茂公・脚気・20歳没、家茂夫人和宮(静寛院)。そのほか5代綱吉の生母・桂昌院、11代家斉の正室・広大院、13代家定の正室・天親院、計35名の将軍家ゆかりの子女が合祀されています。