031001031002誰もが知っている『ゴジラ』の発祥の地(?)は「日比谷だったのか…?。ゴジラ像のある日比谷シャンテ」という所業ビルは正式名称を”東宝日比谷ビル”といい、昔の日比谷映画劇場と有楽座の跡地に1987年に建設されました。「東宝」となると『ゴジラ映画』となり、「ゴジラ記念碑」と来るわけです。確かに論理的破綻はありません…。台座には「このゴジラが最後の一匹だとは思えない」という、生物学者山根恭平博士によるゴジラ映画第1作の有名なセリフが刻まれています。ゴジラ映画シリーズは1954年の第1作から2004年の「ゴジラFainal Wars」までの50年間で28作創られています。核実験の影響で登場した身長50mの凶暴極まりない大怪獣として登場し”Vsシリーズ”を経て子供達の味方のアイドル怪獣にされたりの迷走を続け、平成時代には過去のシリーズ何作かを強引に無かった事として”平成ゴジラシリーズ”として復活したりしました。様々な展開論を駆使してきたのですが、第28作をもってシリーズ終了となりました。このゴジラ像はフォルムからすると平成ゴジラシリーズのゴジラのようです。