ブログネタ
桜が開花!お花見には行きますか? に参加中!
031702031701日枝神社の境内末社に『山王稲荷神社』が鎮座しています。説明では「昭和63年、千代田区指定有形文化財」となっています。山王稲荷神社は1659年(万治2年)に日枝神社が幕府の命により麹町隼町から現在の赤坂の地(福知山藩松平忠房の屋敷)へ移される以前から松平家邸内の鎮守として祀られていたとあります。稲荷社が先にあり、そこへ日枝神社が引っ越してきたという事になり、現在の稲荷社は日枝神社造営時に新たに『公儀普請』により造営されたとあります。さらに江戸時代の数々の災害を乗り越え昭和20年の東京空襲での社殿焼失の際にも戦災を免れ本社復興までの間は日枝神社の仮本殿として用いられるなど、末社でありながら唯の末社とは言い難いようです。
右の写真で鳥居の奥建物のさらに奥に写真左の社殿があり、厳重に金網で囲まれています。左の社殿は関東地方では稀な”縋形式の春日造の本殿”で、狛狐ならぬ狛犬となっています。