032003032001港区赤坂『美喜井稲荷神社』の2回目の掲載です。ある書籍に「もともとは、火事を知らせて飼い主を救い、自分は焼け死んだ猫の霊を祀ったもの」との記載がありましたが真偽のほどは判りません。青山通りを赤坂見附交差点から青山方面へ。道路反対側は、神道系と仏教系の稲荷社が同居している「豊川稲荷東京別院です。


032002032004豊川稲荷東京別院の向かい側、「とらや」の角を左に折れます。このお店、正式名称は「虎屋」なのですが…、駐車場にはいまどき案内係が誘導しています。老舗らしい”歓迎すべき無駄”ですね。隣のビルの2階が『美喜井稲荷神社』です。ビルの入口と神社階段は別々に造られています。植込みが見えるビルは「とらや」です。


032005032006見上げると「美喜井稲荷」との表記があります。境内はそれほど広くありません。銀座などで見かける”ビル敷地内神社”と大きく異なる印象はありません。普通に立ち寄って普通にお参りしても何の違和感も感じないと思いますが…。以下の写真のように狛犬ならぬ”狛猫”だったり、摩訶不思議な彫刻があったりします。


032007032008032010







032011032012032013







032014032015032016