041202041201このところ谷中銀座近辺に出没する機会が増えているのですが、谷中銀座の変貌ぶりには驚かされます。以前は”お惣菜横町”と云う感じの商店街だったのが今や観光地そのものです。実際、商店街の半数以上が10年未満の”新参者”のようですが…。昔からの店が代替り、経営者替りをしていくのは時の流れなのでしょう。以前に地方の商店街でお年寄りに取材したことがありますが…『TVの影響でもなんでも、商店街に人が来てくれるのが嬉しい…』と話していました。この谷中銀座は全く違っているようです。タレントが撮影で来店した店→下町の人気店の図式ができあがっています。
写真左が「肉のサトー」・右が「すずき」です。エ~ッ!メンチ・カツが200円!(普通は80円~120円くらいでしょう)大そうな高級お惣菜になったもんです。
それにしても、日本人はいつからこんな品のない事をするようになったのでしょうか?有名店で並んで購入するのはまだ分かります。店ではその場で食べることを前提としてメンチ・カツを手渡ししてくれます。散策しながら、歩きながら食べるってことなのでしょうが…。全く犬や猫ではあるまいし…犬や猫だって歩きながら”もの”は食べません。要は犬猫以下って事です。ましてや、ある年代以上の日本人は”やってはいけない事”として親や学校でキッチリ教育を受けているはずなのですが…。と思いながら”徒歩飲食者”を見ていると、やはり年配者(高齢者)の姿は見受けられません。