050705
これはチョットマズイのではないでしょうか(笑)1988年、ピンクフロイドが”本家”と”元祖”に分裂した後の「ギルモア・フロイド」のライブ・ブートです。色々ご意見はあると思いますが、ブルーズ・バンドが大仕掛な楽曲構成で演奏している感のある「ギルモア・フロイド」ですが、「ロジャー・フロイド」よりは一般受けするようです。 このツアーでの正規盤(”光”~パーフェクト・ライブ)では楽曲がかなり編集されていましたが、このブートではコンサート丸々収録となっています。更に音が良いとくればいう事はありません。ピンクフロイドのブートとなると昔は、まともに聞けるのはラジオ放送音源くらいで会場録音は、LP時代から散々ヒドイ目に遭ってきました。「時代は変わったと…」つくづく感じます。ここまでのブツは当然関係者からの流失なのでしょうが…。断固許します(!)   Shine On You Crazy Diamond…!