051501
正面が「大手・三の門」もしくは「大手・下乗門」です。江戸当時は大名家の格式により登城の際に駕籠」を降りて検問を受ける場所が決まっていました。因みに、この門を駕籠に乗ったまま通れるのは尾張・紀伊・水戸の御三家だけとされ、他の大名はここで駕籠を降ろされています。門の奥に見えるのが「同心番所」と称する検問所です。同心とは江戸幕府の機構のなかで庶務・警備の仕事に携わる下級役人をいい、身分は形式的に一代限りの御家人です。

左)こちらが「同心番所」です。大手・三の門を警護する与力、同心が詰めていました。
中)建設年は不明ですが、江戸時代の建物です。止め瓦に「菊の御紋」ならぬ「葵の御紋」があります。
右)「切り込み積み」が見事な石垣です。上からの建造物の重みが掛からない為、石垣に歪みが見られます。
051502051503051504