062501
国会議事堂前庭の内に日本の高さの基準となる「日本水準原点」が設置され「日本水準原標庫(にほんすいじゅんげんてんひょうこ)」という建物の内部に納められています。この近辺は東京でも有数な台地であり地盤沈下の影響を受けにくく、標庫の基礎も頑強に造られているため原点の狂いが生じにくいとの事でこの地に設置されたようです。しかしながら関東大震災の地殻変動により【24.500mから24.4140m】へ改定され、さらに東北大震災では24mm沈下したため現在は24.3900mに改正されています。因みに”経度”も同時に改正されています。東北大震災の影響で東京でも地盤が沈下したばかりでなく、経度も少しずれたという事になります。
「日本水準原点標庫」は、ローマ風神殿建築を模した石造りで明治時代の洋風建築として東京都指定有形文化財に指定されています。また正面上部には「菊の紋章」と右書き出しで「大日本帝國」とあります。現代では珍しい「大日本帝國」の表記のある建造物です。

062502062504062503