070302070303富士山がユネスコ(国連教育科学文化機構)により…『富士山が美しく荘厳な姿を基盤とし、様々な信仰や芸術を生み出した「名山」として、世界にふたつとない価値を持っている』…として”世界文化遺産”に登録されました。1日のTV局各社の世界遺産になって初めての山開き(なんじゃ!)の過熱報道ぶりは凄かったですねぇ。富士山には、生態学に貴重な動植物が生息してもおらず、世界規模では地質学的な重要性に乏しいとの富士山のゴミ問題以前の事由で、ユネスコ(実際の調査機関はイコモスと称するよく判らない組織)により”自然遺産”としては却下になっています。自然遺産と文化遺産では意味合いが違うのですが…。最近はどうにも胡散臭くなっている世界遺産は1972年(!)に始り2013年には登録件数が実に981件になっています。利権絡みの”お金の臭い”がプンプンしてきているようです。”悪名高き欧州指向の某委員会と同じようになっていくのでしょうか(?)。

さて、上野の西洋美術館に妙な看板があります。「国立西洋美術館の本館は、ユネスコの世界遺産の候補に推薦されています」…タナボタとはまさにこの事で…。西洋美術館を設計した20世紀の三大建築家といわれる”ル・コルビュジェ”の功績をフランスが中心となって『ル・コルビュジェの建築群と都市計画』として申請した際に混ぜてもらったというラッキーな話です。西洋美術館が登録されれば”東京初”となるそうです。そんなの「あり」なんですかねぇ(笑)。