130830_11
ここでは多くの神社仏閣を掲載してきましたが、正直この『三峰神社』は”別格”です(!)。地質学的にも古い秩父山系の山中に神話時代から現代へ続く社歴を有する神社は、ある意味で「最も神に近い場所」かも知れません。秩父の山系に抱かれ太古からの杉の巨木に包まれた本殿までの参道は『パワー・スポット』なる表現が陳腐と思えるほどの圧倒的な”空気感”に満ち満ちています。
*本殿への石段下、左右に樹齢数百年の杉の大木があります。”神木”とされ幹に触ると運気が伝わるとあります。長い年月、人々に触られ続けられ木肌はテカテカになっています。

左)1800年建立。1962年に改修された拝殿です。社額は有栖川宮一品親王のに筆によるとあります。
中)極彩色で飾られた拝殿の意匠です。同じ埼玉県の妻沼聖天様と同様に見事な色合いです。
右)写真の左が本殿です。1661年の造営で”一間者春日造り”との説明があります。
130830_9 130830_8 130830_7