130928_01
『東京駅・グランルーフ』なる施設(?)がオープンしました。「八重洲駅前広場を中心にグラントウキョウ・ノースタワーとサウスタワー歩行者専用通路で結び賑わいのスペースを創出」という事になっています。一応新規オープン施設は見に行きますが、東京駅丸の内駅舎やKITTEに違い、『Tokyo Station City』の全体構想の一部が追加完成されただけです。報道の割には肩透かし的な施設です。
2階は大丸デパート(ノースタワー)とビジネスビル(サウスタワー)の屋根のある連絡通路(だけ)で、ドコモの店舗と意味不明な携帯電話グッズの店しかありません。地下部分にはめし屋施設が数件オープンしています。表現が難しいのですが、八重洲駅舎と八重洲地下街の間の僅かなスペースの「なんでこんな場所に感」に溢れています。「グランルーフ」=確かに「大屋根」です(笑)。
・・・・・・・・・・・・・・
左)この上の連絡通路にはドコモの店舗ともう2軒ほどあります(それしかありません!)。
中)見下ろせば何の事はない「工事中」で、見渡しても”絶景”は皆無です。
右)この柱の脇がめし屋街です。ややもすると見落とします。
130928_02130928_03130928_04