131002_01
中央区湊の『鐵砲洲稲荷神社』です。「てつ」は「鉄」ではなく「鐵」です。色々と言い分もあるのでしょうが、変換が面倒です。
神社の創建は平安時代とあるのでかなりの古社のようです。当時の荏原郡桜田郷の住民が生成太神(いなりおおかみ)を産土神として祀ったのが始まりで、京橋→現銀座1丁目→と遷座て八丁堀稲荷神社と称し、江戸時代初期に現湊1丁目付近に遷座さらに8丁目に移転したとされます。埋め立てによる移転であったり、幕府の都合だったりでの移転なのですが、さぞや大変だったでしょう。ご祀神は稚産霊神・豊受姫大神・宇迦之御魂大神の三神です。社殿脇には江戸時代の浮世絵の『江戸名所図会』や歌川広重の『絵本江戸土産』にも描かれている中央区唯一の富士塚があり、富士山の熔岩を用い頂上には「富士浅間神社」が鎮座しています。”富士山世界文化遺産登録”で盛り上がるかと思いきやアッという間に先細りとなったようです。「わ~っ」と騒いですぐ沈静化、いかにも”日本的”です。この鐵砲洲稲荷神社は、関東大震災では被害を被るものの東京空襲では被害を免れ、今でも昭和初期の神社の形式がよく残っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
131002_02131002_03131002_04