131004_01
中央区の南高橋(みなみたかばし)は亀島川の最下流に架かる橋で、亀島川水門の先は隅田川、マンション群は佃地区です。大正12年の関東大震災は東京の街を一変させ、震災復興事業では多くの橋が架けかえられています。この南高橋も大規模な区画整理の際に計画されたのですが、予算が乏しくなった東京市は改架された両国橋の中央部分を幅で1/3程度に縮小し、高さも下げ再利用しています。そんな事で、明治の鉄橋が現代に残り、都内に残る鋼鉄トラス橋としては、江東区の八幡橋(旧弾正橋)に次いで2番目に古く、車両通行可能な河上橋としては最古の橋(全国では6番目に古い鋼鉄トラス橋)となっています。
・・・・・・・・・・・・・・・・
左)明治~昭和初期の橋は、どれもが美しい姿をしています。
右)橋のたもとの「徳船稲荷神社」です。新川の福井藩松平家下屋敷内にあった稲荷社のようです。
131004_02131004_03131004_04