131121_01
『東京都道404号皇居前東京停車場線』が正式名称の、天皇が行幸するために通られる東京駅中央口までの特例都道です。行幸のほか新任大使の信任状奉呈式の馬車列もここを通り、先日もその模様がニュースになっていました。今の季節は銀杏の色づきが見事です。銀杏の紀元は古く、シダ類と共に地球の氷河期を乗り越えてきた植物だそうです。雌雄があり、見分けるには葉っぱの形(ズボン=男の木、スカート=女の木)で区別できるなんて話がありますがこれは俗説なんだそうです。写真の中央に並ぶ銀杏の木は『古代銀杏』という種類で、神宮外苑や国会議事堂付近の銀杏とは異なりこの行幸通りと新宿御苑が有名です。そういわれてみると木の高さはないのですが、横に広がった立派な枝ぶりです。行幸通りの東京駅寄りの銀杏並木は、まだ青々としています。日当たり云々の問題ではなく樹齢の問題(若い)とのことなのですが…?。
・・・・・・・・・・・・
131121_02131121_03131121_04