131203_01
六義園から本郷通りを徒歩5分程度なのですが…。こちらの『駒込富士神社』を訪れる人はあまりいないようです。この神社は元々は本郷の6丁目、現東京大学の地に浅間神社として建立されていますが、加賀・前田藩が屋敷となった為にこの地の移ってきました。ご祭神は木花咲耶姫(このはなさくやひめ)。建立の年は不明だそうですが、拝殿は古墳だったと思われる富士塚の上にあり、この富士塚は江戸時代の富士信仰で賑わったそうです。特には町火消達に深く信仰され、火消の組長から奉納された町火消のシンボルマークを彫った石碑が残っています。
”初夢”で良くでてくる言い回しの「一富士、二鷹、三茄子」の一富士はここ富士神社、二鷹は付近の鷹匠屋敷、三茄子は駒込近辺が名産地だったことによるそうですが…本当ですかねぇ(?)。
・・・・・・・・・
左)他の都内富士塚の様に溶岩を積み上げたようには見えません。元々は古墳だったと云われています。
中)急な階段を登ると富士神社拝殿があります。
右)由来書です。きらびやかさはあるませんが、味わいのある神社さんです。
131203_02131203_03131203_04