131224_01
お正月の七福神巡り…耳障りのよい響きですが…思いの外捕えどころのない縁起物イベントなのです。七福神は「神様の多国籍軍」と言い換えられるほど多岐に渡る構成となっており、1)日本神話に登場の『恵比寿様』、2)インド出身の『大黒天』・『弁財天』・『毘沙門天』、3)中国出身の『福禄寿』・『寿老人』が神様で、唯一、4)『布袋尊』は中国の実在の禅僧です。もう怪しげな雰囲気が漂ってきますね。お祀りされている場所も神社であったりお寺であったり(向島百花園なんてのもあります…)で、都度”二礼二拍手一礼”と”合掌”を見極めねばなりません。『向島七福神』のように地元の旦那衆が座興で”でっち上げ”た七福神もあります。『谷中七福神』は東京最古だけあって至極まともなようです。。JR山手線・田端駅付近の「東覚寺/写真上」から歩きだし、不忍池の「弁天堂/下右」まで谷中商店街や谷中の寺町が散策しながら約5kmくらいです。「ご朱印収集」をしながら巡ると4時間弱といった感じでしょうか?。
・・・・・・・・・・・・・・・
左)天王寺…毘沙門天。中)護国院…大黒天。右)寛永寺・不忍池弁天堂…弁財天。
131224_02131224_03131224_04