140225_02
 …上杉商事江戸支店長を拝命した「太田道灌部長」は、江戸進出に際して支店を今の千代田区に開設しました。時代を経て上杉商事撤退後、三河から徳川コンツェルンが上杉商事江戸支店があった場所に大規模な本店を構えました。徳川コンツェルンがあまりにも有名になったため、最初の出店者・「太田道灌」の名前が記憶に残ったというのが実際のような気がします。…現在の皇居にも「道灌濠」という名称はありますが、道灌・江戸城があったとされる場所とは異なります。ましてや徳川・江戸城は地形を人為的に変えて築城しているので、恐らくは豊臣・大阪城同様に埋め立てられてしまった思われます。さて…JR日暮里駅前の「太田道灌像」、何故ここにあるのかはいまだに疑問です。近くに「道灌山」という地名があるので何か関係があるのでしょうが…。有名な田舎娘にコケにされる「山吹の里」の伝承もアチコチに在り定かではありません。
・・・・・・・・・・・・・・
なんでも、東御苑に江戸城再建計画があり、太田道灌の子孫が名を連ねていると話を聞いたことがあります。徳川宗家ならまだしもの興味深いお話です(笑) (中)…この騎馬像のタイトルについてのプレートです。 (右)…こちらは東京国際フォーラムの太田道灌像です。
140225_03140225_04140225_05