140304_01
港区西麻布の東京でも屈指の古刹として知られる「麻布山・善福寺」です。この付近は『○○麻布』という地名がやたらと多いのですが、元々はこの善福寺の山号のよるという説があり、不動産屋の都合ではなさそうです。善福寺の開山は弘法大師・空海(真言宗)によるとされ山門手前には弘法大師によるとされる現在でも枯れることのない湧水(柳の井戸)があります。鎌倉時代なって「親鸞」により浄土真宗に改宗となっています。現代の視点で見ると真言宗から浄土真宗へ転換とは不思議な感がありますが、当時の方が柔軟な考えだったようです。徳川幕府末期の1859年には”日米修好通商条約”により最初のアメリカ合衆国公使館が設置されました。。写真の銀杏の巨木の根元にはハリスの顕彰碑があります。
・・・・・・・・・・・・・・
左)は「天然記念物善福寺ノ公孫樹」=”逆さいちょう”と呼ばれる大銀杏です。
中)山門手前の参道に「弘法大師・真言宗」によるとされる柳の井戸、いまでも少量ながら水が湧いています。
140304_02140304_03140304_04