140703_01
新宿区四谷4丁目、田安稲荷神社です。正式には『田安・鎮護稲荷神社』と称します。”田安”とくれば8代将軍(俗にあばれんぼう将軍)徳川吉宗が自身の血筋を残すために興した田安・清水・一橋のご三卿の田安家の下屋敷があった場所になります。明治4年に屋敷が撤去となった際に残された『田安稲荷神社』と更には付近にあった柳生家の『鎮護稲荷神社』とを合祀しています。昔(江戸時代)に大名屋敷や商家の一角に祀られて、壊したいが、壊せないの「屋敷稲荷」の典型のようです。時代を経てマンションの一角に取り込まれてしまいましたが、東京にはこのような稲荷社が数多く残っています。誰でも”祟り”は怖いものです(苦笑)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新宿通りと外苑西通りの交差点から側道を入るような形で進みます。Pt↓左)の看板が造られていますが…、
看板まである割にはPt↑)のように、こじんまりとした稲荷社です。地元の方々が稲荷社を大事にしてきた証のようです。
140703_02140703_03140703_04