140709_11
津軽・弘前市を訪れたのは実に38年振りになります。『お城・さくら・林檎の街』なんて言われて久しいようですが、「他には…?」と云われても”弘前ねぷた”くらいしか浮びません。江戸時代は津軽藩の城下町として栄え、現在でも津軽地方の中心都市となっています。弘前の市のマークは『卍』なのですが、ユニークです。いわれは知りませんが津軽藩と関係があるのでしょうか? 38年前の記憶を辿ろうとしたのですが、如何せん地方の街のありがちでJR弘前駅前はスッカリ変貌していました。繁華街に若干と弘南鉄道・中央弘前駅付近になんとなくの記憶があるだけです。これではあの頃の忘れ物を探したくて無理というものです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
Pt↑)弘前城・追手門です。時間が遅かったので有料の本丸公園は閉園していました。 Pt↓左)街の中心街、時間は19:30頃ですが車は走っていません。人も歩いていません。店舗は閉まっています。これが地方都市の普通の姿です。 Pt↓中)弘南鉄道・中央弘前駅です
140709_12140709_13140709_14