このところは、ラフな日数だけ決めて後は気ままの日程で出かけています。この歳になると地方の名物料理に興味がある訳でもなく(多くが東京で食べられます)、宿泊も東横イン・スーパーホテル・ホテルα1等のビジネス系のチェーン・ホテルを利用しています。今回は東横イン・チェーンがメインとなりました。何気に宣伝臭い話をすると…。1)料金=シングル利用の1泊朝食¥6000弱です。部屋のクオリティは充分ですが、朝食は”オマケ”と思ってください。 2) 駅に近い=多くが賑やか街とは反対側です(苦笑)。 3)駐車場あります=欠点もありますが探さないで済むというのは楽です。 4)カレー程度の夕食サービスのホテルがあります。 …続いて【注意事項】です…駐車場(有料の場合あり)は多くが立体型で早い者勝です。チェックイン後に車を使うや、荷物の出し忘れはエライ事になります。 さらにビジネス客が多いので08:30前後がチェック・アウトが出庫が集中します。下手すると出庫に30分以上必要です。*東横インには年会費制で、宿泊代の割引等の特典がありWeb予約でさらに割引になります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1407120114071202【新潟駅】…Pt左)は新潟駅万代口です。昔からの賑やか街はこちら側ですが…。ここ新潟も地方都市にありがちなJR駅付近=繁華街ではありません。地方都市の場合はバス・センターや官庁や城址のある場所が賑やかな場合が多くなっています。左の建物が東横インのあるビルなのですが、ホテルは4階より上、正面がバス乗場で接近し困難でした。駐車場(タワー型)が裏手、さらに交通規制が複雑でホテル付近をぐるぐる廻るはめとなりました。Pt右)上越新幹線側の南口であっけらかんとした景色です。駅を背に万代口を直進し信濃川の萬代橋を渡って進み三越のある辺りが(地価の高い)繁華街のようです。道路幅も広くよく整備された街だと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1407120314071204【秋田駅】…Pt左)は秋田駅西口駅前です。東横イン秋田駅東口は反対側の「秋田拠点センターアルヴェ」なるビルにあります。駐車場の条件は最高に良いです。秋田でははや夕食難民になってしまいました。Pt右)は秋田駅コンコースの19:30頃(!)です。人通りがありません。夜が早く寂しい限りです。「トピコ」とかいう駅ビルも閉店して、食事場所を選べる状況が遠のいていきます。西口付近を進んで行くと、廃墟になった商業ビルや廃墟のホテルの建物はあるものの、ご飯屋は見つかりません。ラーメン店すら見つけにくい状況でした。ラーメン店ならあるだろうと思う方が間違いのようです。反省しながらのファストフードの夕食と相成りました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
1407120514071206【弘前】…Pt左)奥羽本線弘前駅です。人口約18万人、りんごの生産量が全国一の街です。「城とさくらとりんご」がウリです。あとは…。明治25年の「八甲田山死の彷徨」事件で被害の少なかった弘前歩兵31聯隊の駐屯地ですかねぇ。東北地方の城下町って独特の雰囲がありますが、特に弘前街は城址を中心として道幅も広く良く整備された街だと思います。地方都市の多くにありがちなショッピングセンター等は郊外の国道沿い店舗を連ね、街の中心部の商店街は寂れていく一方となっています。Pt右)は19:00頃の旧商店街で、すでにシャッターは降りています。左の弘前駅ビル「アプリーズ」もこの時間(20:00頃)では閉店でした。東京的な感覚で行動すると”夕食難民”になってしまう可能性が大なので気を付けねばなりません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1407120714071208【八戸駅】…前日の午後から雨模様、八戸は土砂降りでした。朝の7:15頃、学生の通学時間にあたるのでしょう。八戸市は同じ青森県でも”南部地方”となり、文化も津軽とは異なるようです。人口は約33万人と弘前市の倍近くです。2002年の東北新幹線の八戸までの開業で、東京駅まで約3時間、思えば近くなったものです。この八戸駅は八戸の街とは離れた場所にあります。東北新幹線と旧東北本線の路線が切り離された為なのですが、そのため「青い森鉄道」やら「いわて銀河鉄道」などの第三セクター鉄道が増える事となりました。Pt左の駅舎は西口ですがご立派なのは駅舎だけでコンビニと居酒屋がポツンとあるだけです。Pt右は駅舎内の自由通路で「うみねこロード」なる爆笑もんの名称が付いています。前述の事情で、ここらは言わば”新駅”です。八戸はこんな寂しい街ではありません(笑)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1407120914071210【盛岡駅】…さて、盛岡です。南部氏の城下町。明治時代以降は岩手県の県庁所在地とて栄えてきました。さすがに東北地方有数の街だけあります。Pt左は盛岡駅西側の「マリオス」とかいう複合施設です。20階の「マリオス地域交流センター」なる地方感あふれる展望ホールから駅の越しに市の繁華街方面を写しています。とてつもない強雨でした。市内を散策したかったのですが、この雨ではどうにもなりません。何気に看板を見ていたら東京⇒盛岡の夜行バス(旅行会社系ではなく地元バス会社系)の運賃は驚くほどに安い日があるんですねぇ。東京23:00頃で盛岡07:00頃。どうなんでしょうねぇ、体力的には…? Pt右)は、第三セクターの「いわて銀河鉄道」の改札口です。扱い上は東北新幹線が「東北本線」で、旧東北本線の一部が第三セクターという事なんですが…。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1407121114071212【会津若松駅】…JR駅付近にはビジネス系のホテルが数件あるだけでした。流石に会津といえば「白虎隊」なんですかねぇ。駅前にも隊士の像があります。もう一つの会津の巨匠、大きな「赤ベコ」の像まであります。ラーメンで有名な喜多方は隣町なのですが、だからといって会津若松には喜多方ラーメンの店などありません。飯盛山あり鶴ヶ城ありで観光地はそこそこですが、夜は早い、閉店は早いのごく普通の地方街です。駅舎の向かいに会津バスの駅があり、早朝から混雑していました。それもそのはず06:30出発で新宿11:00着、最安の料金適用なら片道¥2500です。実際のところ高速バス網がここまで便利になっているとは知りませんでした。忘れてはならないのは旅行会社がツアーとして扱う長距離バスとバス会社が運営するバス網とはいろいろと条件が異なっています。こればかりは安いのがベストとは云い難い点が多々あります。
・・・・・・・・・・・・・・・・
天候の関係で、出羽三山、山形、米沢方面がパスとなりました。次回にはそのあたり予定ていう事で…。