141006_01
『●●と煙は高い所へ』の3回目は、バブル経済の真っ最中に建設され桁外れに豪華な庁舎の為、別名『バブルの塔』とも呼ばれる文京区役所の「文京シビックセンター」です。23区の区役所では最く、高さ142m、地上28階、地下4階あります。展望室は25階北側にあり無料で景観を眺めることができます。Pt↑)の傾斜した窓のように工夫された回廊となっているのですが…。建物の構造上、丸の内・皇居側にはレストランが入り、この方面は無料という訳にはいきません。 訪れたのがちょうど昼休み時間で展望室には人が殆どいません。それにしても、区役所は昼休みには節電で灯りを落とすのですが、停電状態といったな感じで、あまりにも貧乏臭い雰囲気です。経費節減=節電とはなにか短絡的でいかにも”努力しております感”が見え見えです。これで誰にアピールしているのでしょうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お決まりの…。新宿方面に高層ビルの間には『富士山』が(見えるハズ)。これが【関東富士見百景】だそうです。 眼下には旧水戸藩のお屋敷跡『小石川後楽園』。茗荷谷方面からの丸ノ内線がトンネルから姿を現します。 浅草方面にはスカイツリーと来ます。
141006_02141006_03141006_04